ガス欠

とにかく格好良い写真を撮りたい、と一眼レフを手にした初心者のブログです。腕が追いついてないのはご愛嬌で、、、

平成30年度 埼玉県警察 自動二輪車安全運転競技大会 2018

f:id:q50:20190706230229j:plain

全国の頂点に立つ精鋭白バイ隊員達の走りを間近で見たい、

そんな願いを叶えてくれるのが、

大宮にある警察本部機動センター警察車両訓練コースで開催された

埼玉県警察自動二輪車安全運転競技大会である。

今年10月に行われた第49回全国白バイ安全運転競技大会に於いて

見事団体優勝の栄冠に輝いたのが今回ブログで紹介する埼玉県警察なのだ。

f:id:q50:20190706230325j:plain

埼玉県警の白バイ大会が特徴的なのは、

自動二輪車大会」という名の通り、

白バイ競技の他に交番バイクの競技も行われることだ。

交番バイク競技は、

優秀な隊員をリクルートする場にもなっているらしく、

白バイ隊員を目指す警察官も多く参加している。

またこの大会では学科試験もあるので、

ライディングだけではない総合的な評価がなされるようだ。

f:id:q50:20190706230305j:plain

交番バイク競技

f:id:q50:20181228221815j:plain

交番バイク競技は、

低速バランス走行、トライカーナ走行、法規履行走行の3つで争われる。

 

低速バランス走行は、一本橋とスローライド、

トライカーナは八の字走行、

法規履行走行は法に従った走行や、走行の的確さ等が審査される。

f:id:q50:20190706230351j:plain

f:id:q50:20190706230402j:plain

交通機動隊員による白バイドリル演技

f:id:q50:20190706230457j:plain

全国白バイ大会を優勝に導いた隊員を中心に構成されたメンバーで、

息の合った素晴らしいドリル走行が披露された。

f:id:q50:20190706230602j:plain

f:id:q50:20190706230615j:plain

f:id:q50:20181228221925j:plain

白バイ競技

f:id:q50:20181228221944j:plain

白バイ競技は、低速バランス走行競技と傾斜走行操縦競技の2つ。

低速バランス競技は、一本橋とスローライド走行の組み合わせで、

見所は、

パイロンの敷き詰められたコースをゆっくり走行するスローライド。

大型バイクがギリギリの狭いコースを

絶妙のバランス感覚で走破していく姿は圧巻だ。

因みに、低速バランス競技を終えるとそのまま傾斜競技に入るので、

選手も気が抜けない。

f:id:q50:20181228221956j:plain

f:id:q50:20181228222006j:plain

f:id:q50:20181228222029j:plain

f:id:q50:20181228222039j:plain

f:id:q50:20181228222050j:plain

f:id:q50:20181228222103j:plain

f:id:q50:20181228222111j:plain

f:id:q50:20181228222130j:plain

f:id:q50:20181228222138j:plain

f:id:q50:20181228222207j:plain

f:id:q50:20181228222148j:plain

特練隊員による模範走行

f:id:q50:20181228222222j:plain

f:id:q50:20181228222229j:plain

f:id:q50:20181228222237j:plain

トライアルデモ走行

f:id:q50:20181228222245j:plain

閉会式

f:id:q50:20181228222254j:plain

平成30年度埼玉県警察自動二輪車安全運転競技大会

2018年11月17日(土)警察本部機動センター警察車両訓練コース

 

開会式 9:10~9:30

 開会の辞

 大会会長挨拶

 審判長指示

 選手宣誓

交通指導取締りに関する学科試験 9:40~10:00

交番バイク競技開始 10:15~12:00

 低速バランス走行

 トライカーナ走行

 法規履行走行

交通機動隊員による白バイドリル演技 12:25~14:40

白バイ競技開始 12:40~14:40

 低速バランス走行

 傾斜走行操縦競技

 模範走行(交通機動隊特練)

閉会式 16:05~16:30

 成績発表

 表彰

 講評

 閉会の辞
f:id:q50:20181228221907j:plain