読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガス欠

とにかく格好良い写真を撮りたい、と一眼レフを手にした初心者のブログです。腕が追いついてないのはご愛嬌で、、、

ロイヤルを探せ

スイーツ

 

ず~とロイヤルを探してるのです。

ロイヤルと言っても

ロイヤルホストでもなく、

ロイヤルクインマダム(婦人用ズラ)でもなくて、

ゼリーの粉のロイヤルです。

 

f:id:q50:20160121215923j:plain

この赤い箱にお湯と水を足すだけで美味しいゼリーが出来る手軽さで、

子供の頃よく自分で作ってはドカ食いしたものです。

 

昔はどんなスーパーにも置いてあるスタンダードな商品だったのに、

最近はとんと見なくなり、

最後の砦、紀ノ国屋からも消滅。

 

再びあの味を求め、”ロイヤル” + ”ゼリー”で検索をかけるも、

出てくるのは怪しい養蜂場の広告ばかり。

そうなんです。

膨大な情報のほぼ全てがロイヤルゼリーになってしまうという盲点に気づき、

敢え無く撃沈。

 

ロイヤルはアメリカからやってきた舶来品なので、

駄目元で英語で検索すると、今度は大量ヒット!

現在でもアメリカでは販売されているようで、

懐かしいあのパッケージがスーパーに並んでいる様子。

思わずアマゾンで取り寄せようかとも思ったのですが、

送料が高そうなのでやめておきました。

 

一体何故、ゼリーの素は日本の市場から姿を消そうとしているのか?

自分なりに勝手な予想をたててみました。

 

1、微妙な手間

 

お菓子作りが好きな人は多いと思うのですが、

そういう人は簡単過ぎるゼリーの素でお菓子は作らないでしょう。

だけど、ずぼらな人はそもそも出来た物を買うはず。

結局はその中間層と言える子供が減っているという事ですね。

また1回で500ML程の量が出来てしまうので、

ある程度人数がいないと、消費も大変。

(自分は一人で全部食べちゃいますが)

 

2、材料の問題

 

ゼリーの素はゼラチンです。

ゼラチンといえば言わずと知れたコラーゲンです。

美容効果が謳われるようになってから、

ゼラチンの値段は上がっていると思われるので、

ゼリーとして売るよりは、美容の方で売った方が利益になる。

結果、ゼリーの素に流れるゼラチンが減り、

店頭から消えていく。

 

因みに、現在店頭に並ぶカップゼリーはコスト削減の為、

ゼラチンを使わず寒天を使っているそうです。

寒天と言っても、天草はコストが掛かるらしく、

中国辺りに豊富にある海草を使っているとか。

何気に天草も希少になりつつあるのですね、、、

 

f:id:q50:20160121215849j:plain

 

さて、現在日本で入手可能なゼリーの素は「ジェロー」になります。

アメリカではロイヤルと並ぶビッグブランドで、

現地スーパーに行くと豊富な種類のフレーバーが置いてあります。

 

ロイヤルと何が違うんだ?

と言われると正直返答に困ってしまうほど、中身は似てます。

昔はロイヤルの隣に置いてあるジェローに見向きもしなかった自分ですが、

今はジェローのゼリーにとても満足してます。

特にラズベリーはお気に入り。

しかし、そのジェローさえもどんどん姿を消しているのです!

近くのスーパーから消え、

イオンの中にあるKALDIのパクリ店舗からも消え、

(無料コーヒーまで振舞う忠実さ)

紀ノ国屋も店舗によっては扱いが無し。

ジェローが無くなったら、

いよいよアメリカからのお取り寄せ生活が始まるのだろうか?

と、自分お気に入りのみかんの缶詰を入れた

ストロベリー味のジェローを作りながら、

ゼリーが消滅した未来の日本を考えるのでした。